By | February 27, 2022

電動自転車は、北米で徐々にその地位と認知度を高めています。 中国やインドのようないくつかの国では、それらはより確立されています。 彼らは彼らが持っている見た目、スタイルとスピードのために若い男性と女性の間でお気に入りです。 それらの多くの利点は、特にガス燃料に依存しないために打ちのめされてきました。 この付加価値とは別に、操作性に大きな利点があります。 中国のようないくつかの国では、人々は彼らを道路に乗せ、狭いスペースをナビゲートし、非常に混雑した道路や小道を移動する能力は、彼らをさらに魅力的にします。 電動自転車はすべてコミュニティとその健全性に関するものであり、そのように販売する必要があります。

バッテリー駆動の自転車や自転車の販売が増えています。 これらの中で最も魅力的なのは、時速20マイル(またはそれ以下)の電動自転車として販売されているものです。 連邦政府の規制では、このカテゴリの電動自転車の多くを通常の自転車と見なしています。 そのため、所有者またはライダーは、操作するためにライセンスや登録を必要としません。 電動自転車に動力を供給するのにガス燃料は明らかに必要ありません。 多くの企業が電動自転車の製造またはマーケティングのビジネスに参入するさまざまな理由があるため、これは興味深いところです。

インターネットで電動自転車を検索すると、通常、多くの企業が検索されます。 Eazeバイク、optbike、KABS Rideは、業界の有名企業です。 検索結果には、スクーター、モペット、クラシックバイクが一気に散りばめられていることが予想されます。 電動自転車会社は、さまざまな方法で自社とその製品を位置付けています。その中には、熱心なビジネスマンがそれらの仕掛けの背後にある知恵について疑問を抱くものもあります。 たとえば、一部の企業は、電動自転車をDUI自転車としてのみ販売しています。 飲酒運転のバイク? 私はいくつかの環境にやさしい製品の展示会や土曜日の市場に参加し、「DUIバイク」に乗るというアイデアを嘲笑したり嘲笑したりする人々の話を聞きました。 悪い行動を非難する社会では、そのようなラベルはまったく魅力的ではありません。 これがコンセプトが完全に追いついていない理由ですか? 電動自転車を所有することのメリットがライダーの数と一致しないのはこのためですか? 知るか! しかし、特定のマーケターがこのギミックを使用した一貫性は、私たちの社会の集合的規範の周辺ではあるが、ニッチが提供されていることを示しています。

KABS Rideのような一部の企業にとって、それは優れたレクリエーション輸送システムが環境に与える可能性のある潜在的な影響の認識です。 国のガス供給は敵対的なガス供給業者の気まぐれと気まぐれの影響を受け続けているので、このような企業は、独自のビジネスモデルと製品を通じて人々がより高いガス料金を支払うことの課題と困難を軽減するのを助けることにコミットしました。 人々が仕事に20マイル未満しか移動しないという証明された事実とは別に、レクリエーション活動はアメリカのエネルギー問題の主な原因です。 個人は、ガスを噴き出すトラックでジムや公園に車で行きます。 多くの場合、これらは自宅から10マイル未満です。 専門家は、近隣旅行による炭素排出の寄与が非常に高いことに同意します。

代替のバッテリー駆動自転車が私たちの環境と社会にもたらす可能性のある利点は、計り知れないほど貴重です。 これらの電動自転車の多くは、バッテリーを1回充電するだけで最大30〜35マイル走行できます。 電動自転車はすべてコミュニティとその健全性に関するものであり、そのように販売する必要があります。