By | June 7, 2022

オートバイは、シングルトラック、エンジン駆動、二輪自動車です。 スポーツやレース、長距離の旅行、オフロードの状況など、設計の目的によって大きく異なります。 最初のモーターサイクルは、1885年にドイツのゴットリープダイムラーとヴィルヘルムマイバッハによって発明されました。この最初の石油燃料モーターサイクルは、石油ライトワーゲンにちなんで名付けられました。 それは彼らの新しいエンジンのための便利なテストベッドとして設計されました。 このモーターサイクルは、ステアリングが軸角度0度で、フォークオフセットがないため、安全自転車としては実用的ではありませんでした。

オートバイの建設は、最低のコストでパフォーマンスを最大化できる方法で行う必要があります。 現在のオートバイは通常、前輪とディスクブレーキを保持する伸縮式フォーク、スチール、アルミニウムフレームで作られています。 パワーエンジンは通常、4気筒、まれに最大8気筒で構成され、チェーン、ドライブシャフト、またはベルトによってスイングアームに取り付けられた後輪を駆動する手動の5速または6速シーケンシャルトランスミッションと組み合わされます。 ステアリングの真ん中にスピードメーターがあり、モーターサイクルの前にメインヘッドライトがあります。 エンジンは両輪の間と運転席の下に固定されています。 サイレンサーは通常右側に固定されています。 モーターサイクルには、デュアル、ストリート、オフロードの3種類があります。 デュアルパーパスバイクはオフロード用に作られており、路上でも快適です。 ストリートバイクはスポーツバイクとスクーターです。 オフロードモーターサイクルは、モトクロスやダート指向のレースクラスで使用されます。

オートバイは、世界中の輸送手段として最も手頃な車両の1つです。 世界中に約2億台のオートバイがあり、そのほとんどがアジアと米国で使用されています。 燃料価格が日々上昇する中、自動車の所有者は、大型車に比べて燃料消費量が少ないため、代わりにオートバイを使用するようになっています。 オートバイは通常2人乗りの車両で、1人の運転手と1人の人が運転手の後ろに座っています。 ホンダ、ヤマハ、カワサキ、バジャジは最も有名な会社のいくつかです。 オートバイは、70ccから250ccまでのさまざまな出力で利用できます。 125ccから250ccのモーターサイクルは、通常2つのサイレンサーを使用するヘビーバイクと見なされますが、他のモーターサイクルには1つしかありません。

オートバイの燃料消費量はモデルによって異なります。 バイクで使用されるパワーエンジンは、エンジンの排気量とライディングスタイルによっても異なります。 発展途上国では、100ccから200ccのオートバイは良好な燃費を示しています。 インドの会社Bajajは、優れた燃費モデルであるXCD125を提供しています。これは、100Kmで1リットルのガソリンを消費します。 現在、企業は、ほとんど静かで、ゼロエミッションの、電気モーター駆動の車両である電気モーターサイクルも導入しています。 しかし、電動二輪車は走行距離が短く、バッテリーに高いコストがかかるため、この技術は開発中です。

オートバイは自動車に比べて事故の発生率が高いため、オートバイに乗るときは安全上の注意を払う必要があります。 死亡事故報告システムは、オートバイが自動車や他の大型車両の4倍の頻度で危険な事故に巻き込まれていることを示しました。 あらゆる種類のオートバイに乗る前に、適切なトレーニングを受ける必要があります。 各国は、オートバイ事故についての意識を高めるためのキャンペーンを作成する必要があります。 南アフリカでは、Think Bikeキャンペーンにより、オートバイの安全性と道路でのオートバイの取り扱いに対する意識が高まりました。