By | February 16, 2022

ドライバーに十分なスペースを提供するために緊張している道路上の膨大な数の車で、テキサスで自転車に乗ることは困難で危険な提案になる可能性があります。 それでも、自転車の環境への配慮と、自転車が全体的な健康と幸福に与える可能性のあるプラスの効果を考慮すると、バイクのメリットはマイナスを上回ります。

残念ながら、自転車に乗るような社会的責任のある行為でさえ、道路を共有している相手によっては、悲惨な結果につながる可能性があります。 実際、自転車アルマナックが実施した以前の調査によると、自動車と自転車の両方に関連するすべての事故の92%は、サイクリストではなくドライバーのせいです。

これらの驚くべき統計に照らして、自転車に乗っているときに他の人の過失が原因で事故に巻き込まれた場合の選択肢を知っておくことが重要です。 これにより、差し迫った法的状況に最も生産的かつタイムリーにアプローチできるようになり、苦痛や苦痛に見合うだけの補償を受けるチャンスが増えます。

自転車訴訟の要素

自転車事故に巻き込まれた後、訴訟が次の論理的なステップになる理由はたくさんあります。たとえば、違反者があなたを襲ったが止めなかった場合、過失であるという事実に異議を唱えた場合、保険会社が拒否した場合などです。怪我や医療費などのすべての支払いをします。これらの状況のいずれかが現れた場合、あなたは金銭的補償(損害とも呼ばれます)の対象となる可能性があります。 ただし、損害賠償を請求する資格がある場合でも、違反当事者が過失であったことを証明するのはあなたの責任であり、弁護士の責任であることに注意してください。

他人の過失による事故により、自転車に乗っているときに怪我をする可能性のあるさまざまな状況やシナリオがあります。 テキサス州で最も一般的なものには、次のものがあります。

•降伏の失敗

•アグレッシブパス

•停止の失敗(赤信号または一時停止の標識)

• 交通渋滞

• 無謀運転

•スピード違反/スピードコントロールの失敗

•ドライバーの注意散漫

•自転車が見えない

• 飲酒運転

•サイクリストに変わる

テキサス州は、いわゆる「比較過失」に従います。 Texas Civil Practice andRemediesCode§33.001は、請求者(負傷した当事者)の責任の割合が50%を超える場合、損害賠償を取り戻すことはできないと述べています。 セクション33.013はさらに、訴訟原因に関して被告に帰属する責任の割合が50%を超える場合、負傷した当事者は訴訟を起こす資格があると述べています。 これは原告にとって有益です。テキサスがいわゆる「寄与過失」に従った場合、負傷した当事者は、事故の責任が1%でもあったとしても、訴訟を起こすことができなかったからです。

比較過失は興味深い概念です。なぜなら、与えられる損害賠償額は、自転車事故における原告の過失の割合によって減少するからです。 これは、被告が事故の全責任を負った場合よりも潜在的な損害賠償額が少なくなるものの、部分的に過失があり、訴訟を起こす可能性があることを意味します。

テキサス州では、原告とその人身傷害弁護士は、多数の証拠(51%)によって次のことを証明する必要があります。

•過失運転者は、負傷した自転車運転者に、自分の車を運転する際に合理的な注意を払って行動する義務を負っています。これは、テキサス州のすべての運転者に課せられる一般的な義務です。

•過失運転者が、運転中の携帯電話の使用、注意散漫な運転、薬物やアルコールの影響下での運転など、車両の操作に十分な注意を払わずにこの義務に違反したこと。

•過失運転者の行為が、自転車に乗る人の負傷の実際の最も近い原因であったこと。

•自転車選手が過失運転者の行為により何らかの形の傷害を負ったこと。これは金銭的損害の形で補償することができます。

テキサスの自転車事故訴訟におけるこれらの証拠の要素を理解することで、このストレスの多い複雑な状況に可能な限り最も効果的な方法で取り組むことができるようになります。