By | May 27, 2022

二輪車の事故は、重傷を負ったり、高い感情を抱いたりする可能性があります。 それが自分のせいであろうと他の誰かのせいであろうと、あなたは自分自身が感情的に不安定な状態にあることに気付くかもしれません。 事故後は落ち着いて正しい措置を講じることが重要です。保険金請求やその他の法的紛争を起こした場合、あなたの行動は重大な結果をもたらす可能性があるからです。 事故現場ですぐに、そしてその後も何をするかが鍵となります。

オートバイ事故の後に何をすべきかについて、いくつかのガイドラインを確認します。

関係者に問題がないか確認してください

何よりもまず、自分や他の人に怪我がないか確認してください。 誰かが怪我をしている場合は、すぐに911に電話してください。 助けを求めることはあなたにいかなる責任も負わせません。 全員が安全な場合は、エンジンを停止し、ハザードライトをオンにします。

写真を撮る

事故現場の写真を撮ることは重要ですが、安全を確保する必要があります。 怪我をしていない場合は、携帯電話またはカメラを使用して、さまざまな角度から写真を撮ることができます。 また、自分の主張を証明するのに役立つ可能性があるため、周囲の環境の写真を撮りたい場合もあります。 オートバイのクラッシュの余波のビデオを撮ることもできます。

警察を呼ぶ

オートバイ事故後、次の場合は警察に通報してください。

  • 他のドライバーは詳細を提供せずにシーンから逃げました

  • あなたは他の運転手が酔っている、または保険に加入していないと思います

  • 他の運転手が故意に事故を起こした疑いがある場合

  • 誰かが重傷を負っている

あなたはそれを調査するために割り当てられた警察官と事故について話し合うことができます。 この議論の間、責任を認めないでください。 最も重要なことは、弁護士に連絡するまでは何も言明しないでください。 その後、弁護士があなたに取るべき手順を指示します。

証人陳述書を入手する

証人陳述書は、あなたの主張を証明し、オートバイの事故の絵を描くのに役立ちます。 現場を離れる前に、オートバイの事故を目撃した数人の連絡先の詳細を確認してください。 可能であれば、彼らが観察したすべての詳細を記した墜落の目撃者の証言を書き留めてください。

また、事故現場で次の情報を記録することもできます。

  • クラッシュに関与したオートバイ/車のメーカー、モデル、ナンバープレート

  • 事故の日時

  • 道路の質、天気、照明などの運転条件

  • 負傷した関係者

  • 墜落や破損した私有財産に関与したのがあなただけの場合は、所有者が見える場所にメモを残してください。 後でナンバープレートがカメラに引っ掛かると、深刻な問題に直面する可能性があります。

弁護士に連絡する

弁護士、できればオートバイの事故事件を専門とする弁護士の助けが必要になります。 次の場合は弁護士に連絡してください。

  • あなたは事故を引き起こしたと誤って非難されています

  • 二輪車の事故でけがや関連費用が発生している

  • 保険会社は補償を拒否しました

保険会社に通知する

保険会社に連絡してください。 彼らは以下を含むいくつかの情報を求めます:

  • あなたのポリシー番号、オートバイ登録番号

  • あなたのオートバイ保険の詳細と

  • 該当する場合、関係する他のドライバー/サイクリストの詳細

上記は、オートバイの事故後に何をすべきかについての役立つヒントでした。 安全に乗れ!