By | February 16, 2022

オートバイの衝突傷害の和解の支払い額は、特定のオートバイの衝突事故を取り巻く事実と状況に大きく依存します。 二輪車の事故はそれぞれ異なる怪我や状況を抱えているため、二輪車の事故が2回解決しても同じ金銭的結果が得られる可能性はほとんどありません。

クラッシュからの関連要因の決定

他人の過失により負傷したオートバイ事故の犠牲者として、あなたとあなたの法定代理人は、あなたが要求している補償に値することを証明する任務を負います。 決済金額に達すると、事故の要因を使用して金額と資格が決定されます。 以下は、最大の報酬を確保するためにあなたとあなたの弁護士が焦点を当てる必要がある分野です。

オートバイのクラッシュで障害を証明する

いくつかのオートバイ事故のケースはカットされて乾燥しています。 被告は事故を引き起こし、質問はなく、交渉が行われた後にあなたの和解が授与されます。 また、これは簡単なことではありません。 過失を証明するために、事故中に被告が発行された交通違反切符、目撃証言などが必要になる場合があります。

ほとんどの事故では、保険会社は法廷の外で交渉を処理することを好みます。 そのため、これらの傷害訴訟の多くは、特に被告が有罪であるという許容できない証拠がある場合、裁判にかけられません。

被告が過失を犯したことを証明する確実な方法の1つは、彼らが気を取られたことを証明することです。 ドライバーの一般的な注意散漫は次のとおりです。

•中毒

•薬

•道路や車内での注意散漫

• 携帯電話

• 悪い視力

• 睡眠不足

州が異なれば、自動車やオートバイの事故における責任の測定値も異なります。 あなたの州が事故に一定の割合の過失を割り当てた場合、あなたは和解金額の一定の割合のみを受け取ります。 多くは、被告の保険会社がクライアントの一部またはすべての責任を負う能力によって決定されます。

保険契約と制限

ほとんどのオートバイの衝突傷害の和解金額は、被告の保険契約の最大保険補償限度を超えることはありません。 陪審員に提示された場合、その金額はポリシーの制限の金額を超える可能性があります。 それでも、被告が他の資産を持っていない場合、あなたはこの金額を集めることはできません。

前に述べたように、被告が有罪の当事者として容易に識別できる場合、保険会社はむしろ裁判に行かないでしょう。 和解の交渉は、法定代理人と保険会社の弁護士との間で行われます。 和解を受け入れるか、それとも裁判にかけたいかは、最終決定権があります。

怪我、痛み、そして苦しみ

残念ながら、オートバイに関連するいくつかの事故は、ライダーを深刻な混乱に陥れる可能性があります。 事故がひどい場合、事故は死に至ることさえあり、家族は費用を賄うために公正な解決のために戦うことになります。

人身傷害の請求に対するほとんどの補償は、医療費、失われた賃金、リハビリ費用などをカバーするために使用されます。 あなたの法定代理人はまた、あなたがあなたの怪我に対して最大限の補償を受けることを確実にするためにあなたが事故からの痛みと苦しみのために戦うのを手伝います。

あなたのケースに法定代理人が必要な理由

あなたがオートバイの事故に遭い、おそらくまだ治癒しているとしても、保険会社を自分で扱う必要はないはずです。 個人傷害弁護士は、オートバイの衝突傷害の解決プロセスのすべてのステップを処理する専門知識を持っており、途中であなたにアドバイスします。 二輪車の事故でけがをした場合は、負傷者を回収できる可能性があります。 あなたの無料の事件相談のために今日オートバイ衝突傷害和解弁護士に電話してください。 最良の部分は、彼らがあなたの訴訟に勝ってあなたに金銭的和解を得ない限り、ほとんどの弁護士はあなたに何も請求しないということです。