By | June 16, 2022

市販のモーターサイクルは、標準の治具をベースに製造されており、工場の生産ラインから外れる際の均一性を確保しています。 あなたが真剣なオートバイ愛好家なら、あなた自身のオートバイを作ってみませんか? あなたはいくつかのオートバイ店から標準的なジグを購入することができます。 各モーターサイクルには特定のジグが必要であり、交換できない場合があるため、ジグのサイズをチェックして、選択したモーターサイクルの構築に使用できることを確認してください。 溶接をテストして、強度と耐久性を確認します。 または、独自のオートバイフレームジグを設計および作成します。 どうすればよいかわからない場合は、避けるべき便利なヒントや落とし穴が記載された取扱説明書やマニュアルが多数あります。 宿題をして、すぐに利用できるいくつかのデザインを調べて、ジグがどのように機能するかを理解します。 レディジグテンプレートは、オートバイのアクセサリーショップやウェブサイトから購入できます。 彼らのデザイナーの意図は家の愛好家が彼自身のタッチを加えることで彼の手を試みることであるため、彼らは通常基本的です。 必要な知識、スキル、経験がある場合にのみ、独自のデザインをゼロから作成することができます。

最終的な設計を青写真にコミットする前に、オートバイのフレームジグとそのコンポーネントの実物大モデルを作成してみてください。 ゼロから何かを構築することは、科学者が最初の発見をしようとすることと同じです。 失敗は避けられませんが、あなたが十分に頑張れば、あなたは突破口を見つけるに違いありません。 関連するディスカッショングループやフォーラムに参加して、行き止まりに達したときにさらに支援を受けてください。 多くの専門家がアドバイスを提供し、彼らの経験を共有する準備ができています。 エジソンは、最初の数ユニットが機能しなかったときにあきらめて電球を発見しませんでした。

手元にあるジグの適切な青写真ができたら、カスタマイズしたジグに取り付けるコンポーネントを設計および作成する必要もあります。 時間とお金を節約するために購入できるものがある場合は、100%自作の機械に固執しない限り、遠慮なく購入してください。 溶接作業が必要なため、溶接コースを受講して適切な技術を学ぶことをお勧めします。 ノウハウを習得したら、溶接機を雇います。 将来さらに溶接作業を行う予定がない限り、溶接機の購入は多額の投資になる可能性があります。 または、すべての溶接ニーズに対応するために専門の溶接工を雇ってください。

オートバイのフレームジグを作ることは、仕事をしているアーティストと同等であるため、精査して熟考するときに微調整、修正、改善する理由が常にあるため、完全に完成することは決してない作品になる可能性があります。