By | July 15, 2022

インターネットや地元の店にはたくさんの選択肢があるので、オートバイのバッテリーを探すことは不可能である必要はありません。 ただし、質問する必要があることの1つは、適切なバッテリーがあるかどうかです。 これはあなたが何を必要としているか、あなたがいくら払っても構わないと思っているか、そしてもちろんあなたが持っているオートバイの種類に依存します。 たとえば、ハイブリッドモーターサイクルには、通常のガソリンモーターサイクルとは異なる種類のバッテリーが必要になります。 幸いなことに、市場は十分に大きく、私たち全員にとって十分な選択肢があります。 ここでいくつかのオプションを見てみましょう。

ここから、たくさんの種類のバッテリーを手に入れることができます。 どれがあなたのニーズとあなたの予算に最も合うかを決めるために、あなたができる限り多くを見ることはより良いです。 たとえば、LTX12-BSは、80%が乾いた状態で販売されます。 さらに、あなたはそれを一緒に購入し、あなたはそれを満たすためにその酸パックを与えられます。

LTX5L BSは、世界最高の酸電池メーカーによって製造されたセルフシール電池です。 電解液のパックが付属しており、一杯にするとすぐにセルフシールされます。 12ボルトすべてで、バッテリーが密閉されたら、バッテリーを開かないでください。

LTX14 BSは、ここにある優れたオートバイ用バッテリーの範囲の1つです。 酸のパックと一緒に販売されており、補充するとセルフシールされ、こぼれにくいようになります。 ただし、バッテリーが充填されて密封された後は、バッテリーを再び開かないように注意してください。 80%ドライチャージで販売されています。 電圧は12です。

LTX16BSは、ほとんどの最新のバイクに最適です。 これは80%のドライチャージで販売されており、電圧は12で、一度満たすとこぼれません。 セルフシールのモーターサイクルバッテリーですので、満タンにした後は再度開けないでください。 これはオンラインで注文できます。

LB12A-Aは古いバイクに最適です。 80%の料金で販売されています。 ここで説明した他のバッテリーとは異なり、このバッテリーは時々補充する必要があり、補充するたびに充電する必要があるため、メンテナンスフリーではありません。

LB4L-Bは古いバイクに最適です。 80%の充電で販売されており、メンテナンスのために、電解液のレベルを確認し、必要に応じて補充することになっています。 補充したら、充電する必要がある場合もあります。

これらは、利用可能なオートバイのバッテリーのほんの一部です。 さらに、メンテナンスフリーのものもあれば、メンテナンスや補充が必要なものもあります。 自分のバイクモデルに何が適しているかわからない場合は、オンラインで質問してください。十分なアドバイスが得られます。 あなたがインターネットで注文するとき、あなたは非常に公正な価格を手に入れるでしょう。